SEOライティングは、プログラミングとは違い特別なスキルは必要ありません。今回の記事で紹介するSEOライティングで成果をだすための前提条件と、6つのチェック項目さえ満たせば、誰でも検索結果で上位表示を実現できるようになります。

本記事では100名以上のWebライターを育成し、「インスタグラムキャンペーン」や「STP分析 例」、「市場分析」など数多くの検索キーワードで上位表示を実現したきたWebディレクターがSEOライティングのノウハウを徹底解説します。

中嶋祥汰
この記事の監修者

2020年にアフィリエイトサイトを立ち上げ、2022年9月に事業売却。アフィリエイター→Webライター→Webディレクター→マーケターの経験を得て、現在は企業のオウンドメディア運用代行や記事制作を担当
詳細なプロフィール情報はこちら

    SEOライティングとは

    SEOライティングとは、GoogleやYahooなどの検索エンジンから高いSEO評価を受けて、検索結果で上位表示を獲得するライティングテクニックのことです。

    ただ文章を執筆するのではなく、読者が検索するキーワードの背景にどんな課題があって、どうすれば満足してくれるのかを分析し、悩みを解決できるよう記事の内容に落とし込みます。そのために競合記事を細かくリサーチをしたり、Yahoo知恵袋のようなサイトでユーザーの悩みを分析したりなど、さまざまな施策を実行します。

    たとえば「iPhoneケース おすすめ」という検索キーワードがあるとしましょう。SEOライティングの施策は、「iPhoneケース おすすめ」のニーズに対してアプローチするわけですが、この検索キーワードにはさまざまなニーズが隠れています。

    シンプルに「iPhoneケースのおすすめはどれ?」というニーズもあれば、「今トレンドのiPhoneケースはどんなのがあるの?」「彼氏のプレゼントにおすすめのiPhoneケースはどれがいい?」などのニーズもあります。

    もしかしたら、「iPhoneケース おすすめ」の検索キーワードには以下のようなニーズもあるかもしれません。

    • よくiPhone落とすから壊れないケースが欲しい
    • おしゃれなiPhoneケースを探している
    • 軽くて腕が疲れないiPhoneはどれ?

    つまりSEOライティングで成果をだすなら、狙っている検索キーワードのニーズを詳細に分析できていることが前提条件です。くわしい内容は次の章で解説します。

    成果がでるSEOライティングの前提条件

    成果がでるSEOライティングの前提条件をまとめました。

    • キーワードを決めている
    • 独自性・ストーリー性のある構成設計ができている
    • 記事のゴールを決めている

    以上の前提条件3つをクリアできれば、コピペなどのペナリティの対象になる行為をしない限り、高いSEO評価を得られやすくなります。狙ったキーワードで上位表示も珍しくありませんので、まずは以下の前提条件を意識してください。

    検索キーワードを決めている

    上位表示を実現している記事は、かならず狙う検索キーワードを決めてから記事を制作しています。

    キーワードが記事のテーマとなり、どんな方向性で記事を執筆すればいいのか示してくれるわけです。また読者のニーズが検索キーワードから明確に見えるようになるので、執筆者の知識が豊富であればスラスラ文章を書けるようになるでしょう。

    ちなみに本記事で狙う検索キーワードは「SEOライティング」です。

    • SEOライティングって何?
    • SEOライティングはどうすれば身につくの?
    • 結果がでるSEOライティングの方法を教えて

    などのニーズが考えられるため、その悩みを解決できるようにライティングをしています。

    SEOライティングを実施する際は、かならず検索キーワードを決めてから行いましょう。ただし狙っている検索キーワードの月間検索回数が0回であれば、記事からのアクセスが見込めません。目安として月間検索回数が100回以上の検索キーワードを狙うと良いでしょう。

    独自性・ストーリー性のある構成設計ができている

    どこにでも掲載されているような記事を作っても、GoogleやYahooなどの検索エンジンから高い評価を得られません。当然ながら検索結果で上位表示もできないので、SEOライティングは失敗に終わります。

    コンテンツSEOで成果をだすなら、競合記事では掲載されていない独自性のある構成を作って、それをSEOライティングで落とし込んでいく必要があります。

    たとえば自社のコンサルティング事例などです。ほかのメディアやサイトでは載せられない内容なので、検索エンジンから有益な情報で独自性があると判断され、検索結果で上位表示が実現できるようになります。

    また昨今のコンテンツSEO事情は非常に厳しくなっているので、ただ独自性のある内容を含めても、なかなか検索結果の上位表示は獲得しにくい傾向にあります。そのために必要となってくるのがストーリー性です。

    記事一つひとつの見出しの内容を独立させるのではなく、全体をとおして内容をつなげるようにすることで、読者が途中で離脱してしまうのを防ぎます。自然と最後まで読み進めたくなるような構成を作ることで、ページ滞在率が向上し、高いSEO評価を受けられるようになるわけです。

    弊社の事例で「市場分析」のキーワードで一位を獲得していますが、ストーリー性を意識して記事全体がつながっているようにSEOライティングの施策を実施しています。

    SEOライティングの結果は、構成作成の段階からほぼ決まっています。弊社では5,000記事以上の記事を執筆してきましたが、体感では8割ぐらいは構成作成の段階で上位表示が獲得できるか決まっている印象です。

    SEOライティングにおいて構成制作は非常に重要な要素ですので、しっかりリソースを投下すると良いでしょう。

    記事のゴールを決めている

    すべての記事で、自社の商品やサービスのお問い合わせ・購入などのゴールにつなげれば良いわけではありません。検索キーワードごとに読者の熱量や意欲、モチベーションは異なるので、記事単位で明確なゴールを決める必要があります。

    以下の3種類の検索キーワードがあるとしましょう。あなたならどのような記事のゴールを設定しますか。

    • 転職エージェント おすすめ
    • 転職面接 落とされるサイン
    • 転職 やめとけ

    「転職エージェント おすすめ」は非常に分かりやすいですね。転職に対して読者のモチベーションや意欲が高いので、記事のゴールは「転職エージェントに登録してもらう」と設定できます。

    一方で「転職面接 落とされるサイン」と「転職 やめとけ」は少し難しいかもしれません。具体的なニーズが掴みにくく、どこをゴールに据えれば良いか悩むところでしょう。

    • 転職面接 落とされるサイン:面接における自分の課題を発見し、対策できる状態
    • 転職 やめとけ:転職はやめとけと言われる理由を理解したうえで、転職する魅力が伝わっている状態

    上記のようなゴールが考えられます。自社の目的や方向性によって、どのようなゴールにするか異なります。SEOライティングを始める前に、ゴール設計は忘れず行ってください。

    SEOライティングのチェック項目6選

    SEOライティングができているかは、以下の6つのチェック項目で確認してください。

    • 検索エンジンが判断しやすい文章になっているか
    • ユーザーにとってわかりやすい文章になっているか
    • 誰が記事を書くているのか明確か|権威性・信頼性・専門性
    • タイトルに狙っているキーワードが含まれているか
    • テーブルや箇条書きなどの構造化マークアップを活用しているか
    • 再検索キーワードの対策ができているか
    • 共起語が含まれているか
    • コピペ判定されていないか
    • 不自然にキーワードを詰め込んでいないか

    どれか一つでもチェックできていれば良いというわけではなく、基本的にはすべてのチェック項目に当てはまるようなライティングをする必要があります。

    非常に工数がかかるところですが、検索結果で上位表示を取るために必要な要素ですので、忘れずチェックしましょう。

    検索エンジンが情報を判断しやすい文章になっているか

    SEOライティングは、検索エンジン(クローラー)が情報を判断しやすいような文章を意識する必要があります。検索エンジンに記事の情報を理解してもらえなければ、そもそもSEO対策の土俵にすら立てないからです。

    その観点からみると、ユーザーファーストのライティングを心がけるよりも、検索エンジンが情報を判断しやすい文章を作るほうが重要だと想定しています。

    検索エンジン向けの文章とは以下の項目を満たしているライティングのことです。

    • h2タグに適宜キーワードが入っている
    • 見出しタグが正しい構造になっている
    • 引用タグを用いている

    ユーザーにとってわかりやすい文章になっているか

    ユーザーにとってわかりやすい文章とは、難しい専門用語を使わずに説明したり、イメージがつきづらい概念をユーザーの身近なものに例えて解説したりなど、ユーザーファーストの視点をもったライティングテクニックのことです。

    つまり、検索結果で上位表示を獲得するなら、小学生でもわかるような文章を書くことが求められます。

    事実、Googleが掲げる10の事実には「ユーザーファースト」の項目があり、いかにGoogleがユーザーを第一に考えて検索結果を反映しているかがわかります。検索エンジンに向けたライティングテクニックも必要ですが、ユーザーファーストの精神も忘れないようにしましょう。

    誰が記事を書いているのか明確か|専門性・権威性・信頼性

    誰が記事を書いているのか明確にすることは、昨今のSEOライティングでも重要項目です。たとえば、美容に関する記事があるとして、「美容の資格をもっている人」と「美容に対して興味がない人」のどちらの記事が信頼されるでしょうか。

    相当変わっている人でない限り、前者を選ぶはずです。美容の資格をもっている人が美容に関する記事を書いたほうが、専門性のある情報を記載できますし、情報の信憑性を担保できます。また最初に執筆者情報を明確にしておくことで、「この人の情報であれば参考にできる」と読者が安心して読み進められます。

    ユーザーはもちろんですが、Googleも誰が記事を書いているかを重要視しており、このような要素から決める評価項目をE-A-Tと定めています。

    • E:専門性(Experience)
    • A:権威性(Authoritativeness)
    • T:信頼性(Trustworthiness)

    つまりSEOライティングで結果をだすなら、E-A-Tの項目を担保する必要があります。ただわかりやすい文章を書くだけではなく、ユーザーとGoogleにE-A-Tの評価項目をアピールできるようにしましょう。

    タイトルに狙っている検索キーワードが含まれているか

    タイトルタグに検索キーワードを含めることは、SEOライティングだけではなくSEO対策の大きな括りのなかでもっとも重要かもしれません。記事の看板でもあるタイトルにメインキーワードを含めることで、ユーザーやGoogleがどんな記事の内容か情報を適切に判断できるからです。

    「検索結果で見切れないようなるべく左側にメインキーワードを寄せる」「すべて表示されるよう32文字以内に収める」など、記事のタイトルで意識すべきポイントはさまざまです。またほかの記事ではなく、自分の記事を見てもらえるよう興味・関心を引き寄せるキャッチコピー的な要素も含める必要があります。

    たとえばタイトルの冒頭に【2023最新版】を入れてみるなどです。情報の新しさをアピールできるので、古い記事よりも自分の記事にアクセスしてもらえる確率が上がります。

    テーブルや箇条書きなどのタグを活用しているか

    テキストだけの情報だけだと、ユーザーが読みにくさを感じてしまい、ページからの離脱の原因となります。あなたも記事を読んでいて、画像や箇条書きがなく文章がギュッと詰まっている内容に少し嫌悪感を感じたことがあるのではないでしょうか。

    Google側もテキストだけの記事の内容は好まないため、テーブルや箇条書きなどのタグを活用して読みやすく、そして内容を判断しやすくする必要があります。とくにテーブルタグを使用すると、強調スニペットに表示されやすくなることがわかっています。

    強調スニペットとは、検索結果の一番上の箇所にユーザーの悩みに対する回答を簡潔にまとめたボックスのことです。

    検索結果上で非常に目立つので、タイトルのクリック率が向上します。強調スニペットの表示で直接的なSEO評価の向上はありませんが、クリック率と記事へのアクセスが増加することで、間接的にGoogleからの評価を受けられます。

    テーブルタグを積極的に活用し、記事全体を見やすくするだけではなく、強調スニペットの表示も狙ってみても良いでしょう。

    再検索キーワードの対策ができているか

    ユーザーはアクセスした記事でニーズを満たせないと、次思いついたワードで検索して違う記事に流れてしまいます。このように別のワードで検索されるもののことを再検索キーワードと言います。

    基本的に自分の記事でユーザーのニーズを満たせず、ほかの記事へ流れるのはSEO評価的にも好ましくありません。そのため構成を作る際とSEOライティングを実施する際に、再検索キーワードを分析して記事に落とし込む必要があります。

    たとえば、「SEOライティング」というキーワードには「SEOライティング 勉強」や「SEOライティング 講座」などの再検索キーワードがあります。既存の上位記事ではSEOライティングの勉強方法までニーズを満たせなかったと想定できるため、「自社の記事では勉強方法について軽く触れる」「勉強方法に特化した記事を作りその記事への誘導文を入れる」などの対策が求められるわけです。

    これによりユーザーがサイトから離脱するのを防ぐことができ、サイトのSEO評価の減少を防止できます。サイトの回遊率が増え、SEO評価の向上につながる可能性もあるでしょう。

    SEOライティングの後にやること

    SEOライティングは実施して終わりではありません。日々検索順位を追い、実施したSEOライティングの施策が正しかったか確認する必要があります。

    検索順位のチェック

    SEOライティングを実施し、記事を公開したら検索順位を追いましょう。自分の記事が現時点で何位にいるのか、また狙った戦略が市場にうまく当てはまったのか確認する必要があります。

    検索結果に上がってこなければもう一度SEOライティングの内容を見直してください。SEOライティングの内容に問題がなければ、「外部施策に問題があるのか」「インデックス数が少ないのか」など別の視点で分析するようにしましょう。

    検索順位は以下のツールを使ってカンタンにチェックすることができます。

    • GMO順位チェッカー
      1キーワード4.1円から分析できる今話題で人気のクラウド型の検索順位チェックツール
    • Nobilista
      検索順位だけではなく検索ボリュームや競合難易度も可視化してくれる検索順位チェックツール

    GMO順位チェッカー

    GMO順位チェッカーは、数ある検索順位チェックツールのなかでも、もっともコストパフォーマンスが優れたクラウド型の検索順位チェックツールです。1KWあたり4.1円から分析でき、他社と比較しても2円以上もお得という特徴をもっています。

    毎日の自動順位計測の機能だけではなく、キーワードごとのグルーピング機能やメモ機能などの機能もついています。SEOライティングの結果を追うなら十分すぎるツールです。コスパを求める人はGMO順位チェッカーを利用してみてください。

    GMO順位チェッカーの口コミ・評判まとめ|初心者におすすめの検索順位チェックツールが誕生!

    Nobilista(ノビリスタ)

    Nobilistaは、1,800以上のユーザーが利用するクラウド型の検索順位チェックツールです。

    毎日自動更新機能はもちろんのこと、検索ボリュームや競合難易度を可視化してくれたり、時系列グラフで検索順位の推移を追えたりなど、SEO対策には欠かせない機能が詰め込まれています。

    価格も安く、1KWあたり6.6円から利用できます。本格的なSEO対策を行うなら、Nobilistaを利用してみてはいかがでしょうか。

    リライト

    公開した記事は定期的にメンテナンスをする必要があります。昨今Googleはフレッシュネスという指標を重要視しており、定期的に記事の情報を更新して、情報の新鮮度をアピールしなければ検索順位が下がってしまいます。

    SEOライティングは一度実施して終わりではありません。記事を公開し続ける限り一生付き合っていく必要があります。読者ニーズが多様化している時代、常に求められる情報を考え、記事に落とし込んでいくようにしましょう。

    まとめ

    本記事では、SEOライティングで成果をだすための前提条件や9つのチェック項目を解説しました。

    SEOライティングでもっとも重要視しなければいけないのは、ユーザーファーストの視点です。Googleもユーザーファーストを重要視しており、ユーザーにとってわかりやすい記事を作れば自然とSEO評価が向上していきます。

    しかしそれだけでは思ったように検索順位が上がりません。ユーザーファーストの視点をもちつつ、検索エンジンにも理解されやすいような文章づくりが求められます。

    記事制作代行サービス「WORDGYM-δ」では、ユーザーを第一に考えた記事コンテンツづくりを意識するだけではなく、GoogleからのSEO評価が向上するような記事を制作します。これまで「インスタグラムキャンペーン」や「市場分析」などの競合性が高いキーワードで上位表示を獲得した実績をもとに、あなたの記事を制作します。

    お気軽にご相談ください。

    またWORDGYMでは、これからSEOライティングを学ぶ方に向けて、マンツーマン型のWebライティングスクールを開校しています。無料体験を実施しているので、ぜひお気軽にご参加ください。