読者に正しく情報を伝えるためには、主語と述語の関係性を正しく理解しておく必要があります。

まずは「主語とは」「述語とは」何かについておさらいしましょう。

  • 主語とは:「誰が」など主体を表す文体のこと。
  • 述語とは:主語との行動などを表す文体のこと。

では具体例を見ていきましょう。

  • 花が咲いた
  • 猫が無く
  • りんごが落ちる
  • 電子レンジはきれいだ

上記の場合、「〜が」「〜は」の部分が主語で、その後に続く動作や状態を示す文が述語です。

文章を書く際、「主語」「述語」は必ずセットで書きます。主語がないと「何が?」となるためです。読者に適切な情報が伝わらず、商品の購入やお問い合わせなど、とって欲しい行動につながりません。

また、主語と述語を離れないように注意する必要もあります。

私はお腹が空いていたが、やらなければならない仕事が入ったため、空腹になりながら頑張って働きました。

「私は」が主語で、「頑張って働いた」が述語です。主語から述語までが遠く、内容の意味が伝わりにくいです。そのため、主語と述語を近づける必要があります。

私はお腹が空いていたが頑張って働きました。
なぜなら、途中でどうしてもやらなければならない仕事が入ったからです。

「誰が」または「何が」、「どうした」の事実関係がはっきりしていて、意味が伝わりやすくなりました。

このように、読みやすい文章を作るためには、主語と述語を近づける必要があります。Webライティングでは非常に重要なポイントなので、しっかりマスターしておきましょう。